Chef Solo | iii threetreeslight

March 9, 2014

[chef-solo]environmentの追加の仕方

chef-soloを本番環境で運用して半年、最近environmentの警告がうざい。 というわけで、その警告の解決策とともにenvironmentの設定方法をまとめました。 で、使って見るとlocal, staging, productionそれぞれrunlist作って設定変えたり、hashで環境毎に変数書き換えるattributeとか特殊な事しなくてよいから超便利だった。 environmentとは? naoyaさんのブログと公式ドキュメント参考 Chef Solo の Environments - naoyaのはてなダイアリー Environments とは Chef の Environments は、例えば development や production など環境ごとに設定内容を切り分ける場合に使える機能です。Rails における RAILS_ENV みたいなものだと思えばだいたい合ってる。実際には環境ごとに設定を切り分けると言っても、できることは Attribute の値を環境によって差し換えることができる、程度。 つまり、Attribute によってうまく環境差を吸収するようなクックブックを構成しておく必要はあります。 Chef - About Environments An environment is a way to map an organization’s real-life workflow to what can be configured and managed when using server. Every organization begins with a single environment called the _default environment, which cannot be modified (or deleted). ... Read more

August 28, 2013

chef-soloでvagrant上の仮想サーバーにLAMP環境作る

基本はdotinstall先生でやった事や、本に書いてあった事をメモる。 workstationの設定(chefをインストール) LEAN CHEF - Workstation Setup require ruby 2.0.0 rbenv bundler いれてきます。 $ mkdir chef-temp $ cd chef-temp $ vim .ruby-version 2.0.0-p247 $ vim .gitignore *.gem *.rbc .bundle /vendor/bundle .config coverage InstalledFiles lib/bundler/man pkg rdoc spec/reports test/tmp test/version_tmp tmp # YARD artifacts .yardoc _yardoc doc/ # vagrant /vendor/vagrant $ vim Gemfile source 'https://rubygems.org' gem 'chef' gem 'knife-solo' $ bundle install --path vendor/bundle $ be knife -v Chef: 11. ... Read more